2017.12.05 Tuesday

◇ いよいよ

川口千里さんのMotion Blue Yokohamaでのライブの模様を収録したBlu-ray / DVDの発売が発表されています。

SENRI KAWAGUCHI TRIANGLE LIVE IN YOKOHAMA 2017

Blu-ray

DVD

Posted by キャニオン at 07:48 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2009.11.04 Wednesday

◇ [TRIX] Fantastic

FANTASTIC 今年買った一番の問題作がこれ。

 TRIXと言えば、スーパーポップでハイパー・テクニカル・“コミック”・フュージョン・バンドなのですが、ちょっとコミックな部分を前面に押し出しすぎました..。

 確かに、ライブはすごく盛り上がりますし、タイトなリズムで実に格好良いのですが、コミックすぎて日頃聴くのには不適なCDになってしまってます。個人的には今年一番要らなかったCDですね。

Posted by キャニオン at 05:09 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2009.05.19 Tuesday

◇ CDを買ってきた

 昨日、小曽根真さんのブログのRSS feedを見ていたら、今日アルバムが店頭入荷すると。

 買ってきました。Makoto Ozone featuring No Name Horsesのアルバム【JUNGLE】を。2ヶ月ぶりの新譜なので少し楽しみです。

Posted by キャニオン at 21:04 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2009.05.18 Monday

◇ 久しぶりに

LACH DOCH MAL 久しぶりに山中千尋さんの【LACH DOCH MAL】を。かなり前に買ったCDなのですが、iTunesの再生記録が消えてから未だに再生したことがなかったという..。(しかも、こうしたアルバムが大量にあるわけですが..)

 で、久しぶりに聞いてみましたが、山中千尋さんのVerveから出しているアルバムの中では非常に出来が良いですね。今までのアルバムの中ではAfter Hoursと同程度に気に入ってます。そういえば、機会があれば聞いてみたいなぁと思っていたんですけど、来週のライブもノーチェックでして..。

 また都内のライブハウスでやってくれないかなぁ。

Posted by キャニオン at 04:59 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2009.03.30 Monday

◇ [NO NAME HORSES] 新譜

 小曽根真さん率いるビッグバンド、NO NAME HORSESの3枚目のアルバムの発売日とタイトルが出ています。

タイトル:Jungle
発売日:5月20日

 タイトルにもあらわれていますが、ラテンがテーマなのだそうです。

Posted by キャニオン at 19:06 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2009.02.08 Sunday

◇ Mosaic Select 005:Paul Chambers

Mosaic Select 005:Paul Chambers ずっと昔に買ったは良いけど、封も切らずにiTunesに取り込むこともなく、ずっと放置されていたのを発掘しました。

 Paul ChambersはMiles Davis Quintetにも'50〜'60にかけて参加していた、ビ・バップ黄金期のベーシスト。このMosaic SelectはCD3枚組のコレクションで、どのアルバムがと言わず、Paul Chambersの参加している演奏がひととおり聞けるというので買ったんですよね。

 取り込み終わったのでiTunesで聞いていますが、よくカフェのBGMで流れているようなジャズの演奏が楽しめます。一般には古いとよく言われるジャズのジャンルですが、メロディとソロの絡み合いを聞いていると、実によくできているモダンジャズのジャンルだと思います。

Posted by キャニオン at 14:29 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2008.12.13 Saturday

◇ [本田雅人] ACROSS THE GROOVE

ACROSS THE GROOVE Ex T-SQUAREのサックス奏者、本田雅人さんのソロ作、【ACROSS THE GROOVE】を買ってきました。(今さら)このCDのコンセプトはポップミュージックをインストでカバーです。収録曲を見れば一目瞭然。

 本田雅人 (as / ss / fl / flgn / tp / g), Bob James (pf / key), Mike Miller (g), Nathern East (b), Harvey Mason(ds)といった面々。LAで海外録音だそうです。サポートのメンツでギター以外はアメリカのフュージョンバンド、Fourplayのメンバーですね。で、本田さんの勢いの良い軽いサックスやフルートかと思いきや、かなり角の取れた音で演奏されています。

 元がポップスということもありますし、ド派手フュージョンではなくスムーズジャズ的なので、割と聞き流すのに良い音楽だと思います。

<収録曲>
01 キャプテン・ジョバンニ
02 春うらら
03 ハート・オブ・ジパング
04 ステファニー
05 クール・バウンス
06 ダイヴァーシティ
07 プレイリー・イン・ザ・モーニング
08 オーシャン・アヴェニュー
09 フレンズ・オブ・マイ・ライフ
10 マイ・バラッド

Posted by キャニオン at 21:00 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2008.11.27 Thursday

◇ [The Brecker Brothers] Heavy Metal Be-Bop

Heavy Metal Be-bop ジャズトランペッターの村田陽一さん率いるバンド、Solid Brass and Big Bandによる部レッカー・ブラザーズのトリビュート盤を聴いて、本家の中でも誰もが取り上げるライブ盤を買いました。

 最初のトラックはスタジオ録音のヴォーカル入りのファンキーなロックチューンなのですが、これだけ聴いた時にはこんなものかなぁ、と。

 ところがどっこい、この後のライブ音源が凄すぎます。特に、ビッグバンドなどでもカバーされる“Some Skunk Funk”がロックでありつつもビバップのような受け合いもあるという迫力溢れる演奏で圧巻。他の楽曲も様々なリズムを取りつつ、ワンパターンにならずに迫ってくる演奏に、ただただ圧倒されっぱなしでした。

 Jazz/Fusionの名盤であると同時に、ロックの名盤にも数えられるというのもわかるような気がする作品です。

Posted by キャニオン at 05:07 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2008.11.18 Tuesday

◇ [村田陽一 Solid Brass and Big Band] Tribute to The Brecker Brothers

Yoichi Murata Solid Brass and Big Band CD買っていないわけではありません。ただ、枚数が少なくなったのと、書く時間がないだけです。

 というわけで、久しぶりにJazzの作品を買ってきました。

 村田陽一さん率いる、管楽器6人+ドラムスのSolid BrassとBig BandがRandy Breckerを迎えてThe Brecker Brothersをトリビュート。2007年1月に他界したMichael Breckerと結成していたThe Brecker Brothersへのトリビュート・コンサートを収録したライブ盤です。(ヤマハ浜松ジャズフェスティバル2008の7月15日の浜松アクトシティで行われた公演を収録したものです)

 こういったブラスやビッグバンドの厚みのある音は大好きなのですが、このCDも同じです。一言で格好良い!

 “Straphangin'”、“Sponge”、“Some Skunk Funk”といったThe Brecker Brothersの楽曲の他、“The Chicken”、“Donna Lee”といったJaco Pastoriusにまつわる楽曲も演奏されています。“Some Skunk Funk”はSolid BrassとBig Bandの両方のバージョンを収録。迫力・テンション共に兼ね備えた名演奏と言えるでしょう。

 最近、気に入って聞いているCDです。

続きを読む>>
Posted by キャニオン at 06:06 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

2008.07.29 Tuesday

◇ [noon] Smilin'

Smilin' 久しぶりに近所の大手レンタルチェーンに行ってきました。で、借りてきたうちの一枚がこれ。2006年2月8日リリースのnoonの3rdアルバム【Smilin'】です。

 Jazz Vocalに一応分類されている作品なのですが、正統派のではなくて、クセのないヴォーカルが張らない歌い方をしているので非常に聞きやすい作品です。収録曲はJames Taylor、Cole PorterなどのJazzスタンダード曲の他、往年のポップス曲、BEGINの“涙そうそう”と多彩な曲が収録されています。

 わりとジャンルを問わないヴォーカルに対して、バックの演奏はしっかりとしたJazz。普段、Jazzなんて聞かない、そんな人にオススメしたい女性ヴォーカルのアルバムです。

Posted by キャニオン at 21:03 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion
1 2 3 4 5 6 7 8 >>