<< Serene Bach 3 beta008 : main :

2008.11.18 Tuesday

◇ [村田陽一 Solid Brass and Big Band] Tribute to The Brecker Brothers

Yoichi Murata Solid Brass and Big Band CD買っていないわけではありません。ただ、枚数が少なくなったのと、書く時間がないだけです。

 というわけで、久しぶりにJazzの作品を買ってきました。

 村田陽一さん率いる、管楽器6人+ドラムスのSolid BrassとBig BandがRandy Breckerを迎えてThe Brecker Brothersをトリビュート。2007年1月に他界したMichael Breckerと結成していたThe Brecker Brothersへのトリビュート・コンサートを収録したライブ盤です。(ヤマハ浜松ジャズフェスティバル2008の7月15日の浜松アクトシティで行われた公演を収録したものです)

 こういったブラスやビッグバンドの厚みのある音は大好きなのですが、このCDも同じです。一言で格好良い!

 “Straphangin'”、“Sponge”、“Some Skunk Funk”といったThe Brecker Brothersの楽曲の他、“The Chicken”、“Donna Lee”といったJaco Pastoriusにまつわる楽曲も演奏されています。“Some Skunk Funk”はSolid BrassとBig Bandの両方のバージョンを収録。迫力・テンション共に兼ね備えた名演奏と言えるでしょう。

 最近、気に入って聞いているCDです。

 ちなみに、このCDの収益の一部は全米骨髄バンク『TIME IS OF THE ESSENCE (マイケル・ブレッカー)』基金に寄付されるのだそうです。こういった追悼盤の売り方は好ましいですね。どこかの会社と大違いですね。
Posted by キャニオン at 06:06 | comments (0) | trackbacks (0) | 音楽 > Jazz・Fusion

Trackbacks

このエントリーのトラックバックURL:

Comments

Comment Form