<< こんなの買いました : main : 重い腰を上げて >>

2014.02.01 Saturday

◇ Vivobook S200E購入

 大変残念なことにメインで使っていたVAIO TTが死んでしまったので、急遽PCを購入することに..。

 とは言っても、急に購入するわけで、まったく予算を確保していないというありさま。

 とりあえず、ということでASUSのVivobook S200Eという爆安ノートを買うことにしました。ACアダプタもしっかり日本仕様だし。

 買ったものの、Windows 8であることが発覚。Proじゃないので当然ダウングレード権はないし。

 仕方がないので、Windows 7 ProのDSPパッケージを調達して、内臓HDDを念のため換装、DVDをUSB経由で外付けしてブート!と意気込んだけどWindows 7 DVDブートが途中で止まってしまう..。

 この機種、UEFIが実装されていて、実はBIOSではないので、BIOS互換モードにしてやるのが必要なのでした。

 起動時にDELキーを連打しているとAMIのUEFI Setupに入れるので、

1. Security タブの Secure Boot Control -> Disabled
2. Boot メニューの Launch CSM -> Enabled
3. ブート順を外付けDVDドライブを1番にして Save Changes and Exit で再起動。

とすると、ちゃんと起動しました。

 久々のHDD。

ドライバは、
・ASUS ATKPackage
  (FnのHot keyユーティリティ。こいつがないといろいろ困る)
・ASUS Smart Touchpad
・Atheros AR9845
  (WLAN、Win 7で蹴られないインストーラが欲しいのでASUSではなくHPより調達)
・Atheros AR3012 (Bluetooth)
・Atheros AR8162/8166/8168 PCI-E Fast Ethernet Driver
  (LAN、Qualcomm Atherosより調達)
・Alcor Card Reader
・Intel Iris (グラフィック、Intelより)
・Intel Dynamic Platform and Thermal Framework Drive
  (ASUSではその他に分類されているけど、こいつはドライバ)
・Intel Inf Update (チップセットHM76のINF、Intelより)
・Intel USB 3.0 (見つからなくて難儀したけど、こいつもIntelより)
・VIA Audio Codec
あたり。

 たぶん、USB 3.0とIntel DPTFあたりが落とし穴。DPTFはこれがドライバと判断がつくまで不明なデバイスが大量に出て困ったのでした。

 上記ドライバたちはSP1のWin7でも見つけてくれないので、先に(最低限LAN関連だけでも)ドライバを用意しないとかなり痛い目にあいます。(ネットにつながらない)でも、タッチパネルは標準で認識します。なんでだ。

 iTunes、Shuriken Pro、MS Office 2010、Chem Office Ultra 12.02、Photoshop Elements 9、Adobe Reader、Flash Playerまでセットアップして土曜までかかってしまいました。日曜帰宅後に故障が発覚し、水曜までに入手で急いでいたのは何だったんだろう..。

 ついでにデスクトップに12 cmの超静音Fan(オプションの吸気側)の取り付けをしたので、少しは冷却能力が向上していることを期待したいところです。
Posted by キャニオン at 10:40 | comments (0) | trackbacks (0) | デジタル機器など > パソコン

Trackbacks

このエントリーのトラックバックURL:

Comments

Comment Form